むっちゃん! やっと会えたね〜♪ 



 同じエキサイトブログ仲間のmutizoさんこと、むっちゃん。実は私、むっちゃんと知り合う前に、旦那様のchika
ちゃんとお友達だったのです。80年代の洋楽のことを中心に、楽しいブログを展開されているchikazoさんこと、
chikaちゃん
が、私のブログにトラックバックしてくださったことがきっかけでした。白い可愛いわんこ、シロちゃん
を連れて私のブログに遊びに来てくださったむっちゃんと、chikaちゃんがご夫婦だったのを知った時、びっくり
したと同時に、ご夫婦でお友達になってくださったことがすごく嬉しかったのを覚えています。
 今は亡き親愛なるお父様のお墓参りをされたあと、我が家に来てくださることになり、サイと一緒にその日を
楽しみにしていました。実現したのは、2006年12月5日でした。

                ★まず、初っ端から私がやってしまったこと★

 むっちゃんが、お墓参りを終えられて、京阪電車に乗られるという連絡が入った時、叡山電車に
乗る時にもメールを入れてくださるようにお願いしておいたのです・・・・。その時、むっちゃんはご
丁寧にご自分の服装を知らせてくださっていました。私は「サイを連れていくから〜。」と返事を。そ
して、その辺を片付けながら(といっても大して片付かなかったけれど)待っていたのですが、なぜ
か、「○分のに乗ります。」というメールが届いていることに気づかなかったのです。「ちょっと遅い
なぁ。。。」と思いつつ、何気に携帯を見ると、、、「ぎゃあ〜〜! もう着いてはる時間やん!」と焦
りまくり、まず「今行くし!」と電話して、結局サイは連れて行かず、チャリを飛ばし駅へ! 可哀想
にじっと待って立っておられるむっちゃん発見!目が合い、第一声が「ごめんなぁ〜!」でした。サイ
を連れていなくても、慌てふためいているおばさんなら、一目で私だということがわかってもらえた
ようでした。携帯のことを弁解して、それからやっとのことで、「はじめまして〜。」と挨拶したのでし
た。はぁ〜、第一印象、悪かったやろなぁ〜。
わん友さんと初対面すると、大抵こんな風に何かご迷惑をかけてしまう
私です・・・。これからひょっとしたら会う機会があるかもしれない方、、、
覚悟しておいて下さいね。

家に着かれて、「サイちゃ〜ん!」と可愛い声をかけ
てくださったむっちゃん。ベッドで寝ていたサイのリー
ドを外すと、このように撫で撫でされ、満足気な顔を
していました。
家の中に入ってもらっても、引き続きこんな
風に撫で撫でされているサイ。「どや? こん
なことしてもらってるねんワン。」と、得意気
な様子。
「あのぉ〜〜。これ。。。」と袋からむっちゃんが取
り出されたものは、なぁんと、むっちゃんの手作り
の品の数々。二つのトートバッグに、巾着、鍋つ
かみにも敷物にもなるもの、、、感激しました。ト
ートバッグの一つの方は、内側のポケットにまで
レースが付いてあるんですよ。仕事が細かい!
なんでこんなのができるんでしょう?以前にも、
「応募プレゼント」でしっかりむっちゃん作のお布
巾をゲットしている私。家の中に、「むっちゃんコ
ーナー」ができそうです。
そしてこれは、ご主人のchikaちゃん
から。以前にも送ってくださっていた
CDです。CDもジャケットもオリジナル
仕様で。。。「Present for Saimama」
って書いてあるんですよ。ちなみに
これは、Rod Stewart の「Fool Loose
& Fancy Free」というアルバムで、
私が好きな曲が入っているのです。
むっちゃんが着かれた時は、ちょうどランチタイムだったので、私達は近所にある「そば
鶴」というお蕎麦屋さんへ向かいました。献立が豊富なのですが、私達はあまり迷うこ
となく、平日のお昼限定の人気メニュー「点心」を食べました。これに、お蕎麦が付きま
す。美味しい薄味に、むっちゃんも喜んでおられました。このお店、人気があり、私達が
食べ終わるとお店のお兄ちゃんが「すみませんが、、、」と声をかけられて、ハッと気づ
いた私。なんと外に何人かのお客さんが並んで待っておられたのです。実は、ここのお
兄ちゃん達、かなり前ですが、テレビに出られたほど、かっこいい〜ご兄弟なのです。
だから、「はい! わかりました〜♪」と潔く席を立った私。むっちゃん、呆れてはったか
な〜?

一旦家に帰り、しばらく喋ったあと、私達は詩仙堂へ向かいました。ちょうど2週間ほど前
にも、RUNさん、beさん、chobiponさん達と行ったのですが、その時は紅葉が早すぎ、今
度は少し遅かったようです。左に写っている女性に、このあと私は厚かましくもカメラを渡
し、むっちゃんと撮ってもらったのです。
これが撮ってもらった写真。後ろに写
っているのは、残月亭というお茶室
です。
むっちゃんは、サイにこんなにお土産を持って来てく
ださっていました。へぇ〜〜。「柴専用」っていうおや
つがあるなんて、知らんかった〜。
そしてそして、こんなにたくさんお菓子も
くださいました。少しずつ、コーヒーと一緒
に楽しんでいただきました〜。
 
 姉しかいない私にとって、むっちゃんはまるで妹のように可愛くて、ついつい偉そうに自分のペースで喋って
しまいました。(←いつもか?) この年、こうしてわん友さんが、ちっこい我が家に遊びに来てくださることが何
度かあったのですが、いつもお別れの時間が来ると、すごく寂しい気持ちになります。できることならまだまだ
一緒に喋っていたい。。。。でもそんなわけにはいきません。特に、むっちゃんは、この次の日、chikaちゃんと
一緒に、Billy Joelのライブへ出かけられるご予定でした。20年以上前に行った私は、すごく羨ましかったです。
もしそのライブの予定がなければ、もっとひきとめていたかも〜。 むっちゃん、今度はchikaちゃんとおいで!




SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送